2011年03月25日

同級生

さっそくですが、最近ハマり気味の、東野圭吾です。



先日紹介した、「容疑者Xの献身」と一緒に図書館から借りてきた、「同級生」です。

(過去記事)
・容疑者Xの献身

この作品は、学園物というか、主人公が高校生で、物語の舞台も主人公が通う高校が中心です。
東野圭吾の幅の広さが垣間見られると思います。

例によって、この作品も一気に読んでしまいました。
細かいところではいろいろと気になる点はあるのですが、かなり面白かったです。

それにしても主人公は高校生にしてはかなり大人っぽい感じですね。
まぁ、ミステリーなので、あまり深く考えずに流れに身を任せて読むのがよいと思いますが…。

あと、主人公は、誓った「復讐」を果たせたのでしょうか?それとも、これから、果たすのでしょうか…(怖)?

(ジョージ滝川)

同級生
★★★

星の基準
★★★★★ 手元に置いて何度も読み返したい名著 買って配りたい
★★★★ また読みたい、いい本。他人に勧めたい
★★★ よい本だった。また読むかは微妙。
★★ 読む価値のある部分もあるが…。また読むことはなさそう。
★ 時間の無駄だった。


(関連記事)
・探偵ガリレオ
・予知夢
・容疑者Xの献身
posted by ポール滝川 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

容疑者Xの献身

先日来東野圭吾づいていますが、今回は、容疑者Xの献身です。



そもそも、東野圭吾の本を読んでみようというきっかけになったのがこの本を原作とした映画を見たからです(といってもテレビで見たわけですが…)。

以前このブログでも紹介した探偵ガリレオや予知夢と同様、草薙刑事が悩む難事件を湯川教授が解決する、というストーリーですが、これは傑作です。

(過去記事)
探偵ガリレオ
予知夢

映画も面白かったのですが、やはり小説で読むとさらにぐいぐい引き込まれ、一気に読んでしまいました。

でも、個人的には映画もかなりよかったです。
堤真一、松雪泰子、ダンカン、そして福山雅治、みんな上手だったと思います。

次はどの東野作品を読もうかな、と思っています。

(ジョージ滝川)

容疑者Xの献身
★★★★

星の基準
★★★★★ 手元に置いて何度も読み返したい名著 買って配りたい
★★★★ また読みたい、いい本。他人に勧めたい
★★★ よい本だった。また読むかは微妙。
★★ 読む価値のある部分もあるが…。また読むことはなさそう。
★ 時間の無駄だった。
posted by ポール滝川 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

予知夢

先日の探偵探偵ガリレオに続けて、東野圭吾です。
というか、探偵ガリレオと同時に買いました。



どうも、探偵ガリレオと、この予知夢、二冊で一つのドラマの原作になっているようです。

内容は、探偵ガリレオと同様に物理学の湯川助教授が友人の草薙刑事を助けて難事件を解決していく、という短編が5本収められています。

偉そうなことを言って恐縮ですが、探偵ガリレオと比べると、文章がさらにこなれて、あっという間に読了してしまいました。
今回も、そう来たか、というトリックが仕込まれていて、楽しませてもらいました。

また他の東野圭吾作品も読んで紹介してみたいですね。

(ジョージ滝川)

予知夢
★★★

星の基準
★★★★★ 手元に置いて何度も読み返したい名著 買って配りたい
★★★★ また読みたい、いい本。他人に勧めたい
★★★ よい本だった。また読むかは微妙。
★★ 読む価値のある部分もあるが…。また読むことはなさそう。
★ 時間の無駄だった。
posted by ポール滝川 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

探偵ガリレオ

東野圭吾の探偵ガリレオです。



東野圭吾といえば今日本で最も人気のある作家の一人だと思いますが、実は東野圭吾の作品を読んだのは初めてでした。

そもそものきっかけは、正月にテレビで放送していた「容疑者Xの献身」が面白かったからです。

・容疑者Xの献身 - Wikipedia

もともと「ガリレオ」というドラマから派生した映画だということは知っていたのですが、ドラマも見たことがないのでドラマの原作を読んでみよう、と思い立ったわけです。

・ガリレオ (テレビドラマ) - Wikipedia

ということで本の中身です。

捜査一課の草薙刑事が、常識では解決できない不思議な事件について友人の物理学助教授、湯川に相談し、この湯川助教授が物理学の観点から事件の謎を解明していく、という形式の短編が5本、収められています。
どれも面白かったです。

少しひねり過ぎな感もありましたが、これでもかとばかりに裏をかいてくるストーリーは、よく思いつくなぁと感心しました。
安直ですが、管理人もナイスなトリックを考えて、推理小説で作家デビューしたいと思います(笑)。
目指せ直木賞!

(ジョージ滝川)

探偵ガリレオ
★★★

星の基準
★★★★★ 手元に置いて何度も読み返したい名著 買って配りたい
★★★★ また読みたい、いい本。他人に勧めたい
★★★ よい本だった。また読むかは微妙。
★★ 読む価値のある部分もあるが…。また読むことはなさそう。
★ 時間の無駄だった。
posted by ポール滝川 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。