2011年03月25日

同級生

さっそくですが、最近ハマり気味の、東野圭吾です。



先日紹介した、「容疑者Xの献身」と一緒に図書館から借りてきた、「同級生」です。

(過去記事)
・容疑者Xの献身

この作品は、学園物というか、主人公が高校生で、物語の舞台も主人公が通う高校が中心です。
東野圭吾の幅の広さが垣間見られると思います。

例によって、この作品も一気に読んでしまいました。
細かいところではいろいろと気になる点はあるのですが、かなり面白かったです。

それにしても主人公は高校生にしてはかなり大人っぽい感じですね。
まぁ、ミステリーなので、あまり深く考えずに流れに身を任せて読むのがよいと思いますが…。

あと、主人公は、誓った「復讐」を果たせたのでしょうか?それとも、これから、果たすのでしょうか…(怖)?

(ジョージ滝川)

同級生
★★★

星の基準
★★★★★ 手元に置いて何度も読み返したい名著 買って配りたい
★★★★ また読みたい、いい本。他人に勧めたい
★★★ よい本だった。また読むかは微妙。
★★ 読む価値のある部分もあるが…。また読むことはなさそう。
★ 時間の無駄だった。


(関連記事)
・探偵ガリレオ
・予知夢
・容疑者Xの献身
posted by ポール滝川 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

容疑者Xの献身

先日来東野圭吾づいていますが、今回は、容疑者Xの献身です。



そもそも、東野圭吾の本を読んでみようというきっかけになったのがこの本を原作とした映画を見たからです(といってもテレビで見たわけですが…)。

以前このブログでも紹介した探偵ガリレオや予知夢と同様、草薙刑事が悩む難事件を湯川教授が解決する、というストーリーですが、これは傑作です。

(過去記事)
探偵ガリレオ
予知夢

映画も面白かったのですが、やはり小説で読むとさらにぐいぐい引き込まれ、一気に読んでしまいました。

でも、個人的には映画もかなりよかったです。
堤真一、松雪泰子、ダンカン、そして福山雅治、みんな上手だったと思います。

次はどの東野作品を読もうかな、と思っています。

(ジョージ滝川)

容疑者Xの献身
★★★★

星の基準
★★★★★ 手元に置いて何度も読み返したい名著 買って配りたい
★★★★ また読みたい、いい本。他人に勧めたい
★★★ よい本だった。また読むかは微妙。
★★ 読む価値のある部分もあるが…。また読むことはなさそう。
★ 時間の無駄だった。
posted by ポール滝川 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

Webデザイナーの歩き方

こんばんは、Web業界に興味津々の、Web滝川@〜マイレージ・クレジットカード〜 マネーテクニック!です。

先日、「トンデモWeb業界」という本の感想(?)を紹介しましたが、同じタイミングでもう1冊、その手の本を図書館から借りてきました。

・(過去記事)トンデモWeb業界

それがこの、「Webデザイナーの歩き方」です。



ということでさっそく本の内容ですが、Web制作会社に入社した新人、タナカくんの成長を通してWebディレクターという仕事がどんなものなのかを紹介した本です。

テクニカルな内容はほとんどなく、あくまで業界の紹介と捉えた方がよいと思います。

これからWeb制作会社で働いてみたい、という方には、どんな業界なのか、ということがイメージできてよいかと思います。

(ジョージ滝川)

Webデザイナーの歩き方
★★

星の基準
★★★★★ 手元に置いて何度も読み返したい名著 買って配りたい
★★★★ また読みたい、いい本。他人に勧めたい
★★★ よい本だった。また読むかは微妙。
★★ 読む価値のある部分もあるが…。また読むことはなさそう。
★ 時間の無駄だった。
posted by ポール滝川 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Web制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

トンデモWeb業界

このブログもそうですが、最近、今更ながらWebの可能性を感じていて、Web制作とか、業としてどんなもんなんだろう、と興味を持ちました。
どんな業界なんだろう、とか、そんなところです。

そこで、まずは本を読んでみよう、ということで、図書館で予約して借りてみました。



というわけで、まず読んだのが、この「トンデモWeb業界」です。
Web業界の裏側を面白おかしく書いた感じの本なのですが、とにかく内容が古い!2006年に発行された本なのに古い(笑)!

裏を返せばそれだけWeb業界の動きが速い、ということなのだとは思いますが、正直今読んでもあまり得るものはないかもしれません。

役に立ちそうな内容としては、独立してすぐ、仕事が無い時は、楽天ビジネスを活用する、というやり方と、実際のサイト作成に入る前に、サイトマップを作成して全体のイメージを顧客と共有しておく、というノウハウです。
将来独立してWeb制作会社を立ち上げたら、役に立てたいと思います、っておいおい(笑)。

でも、実際にどんな感じで顧客とのやりとりが発生するか、という点は、結構リアリティがあって面白いと思いました。

(ジョージ滝川)

トンデモWeb業界
★★

星の基準
★★★★★ 手元に置いて何度も読み返したい名著 買って配りたい
★★★★ また読みたい、いい本。他人に勧めたい
★★★ よい本だった。また読むかは微妙。
★★ 読む価値のある部分もあるが…。また読むことはなさそう。
★ 時間の無駄だった。
posted by ポール滝川 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Web制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

日本のグランドデザイン

「日本のグランドデザイン」です。

この本は、三橋貴明という人が書いた本です。
管理人はこの本を読むまで存じ上げなかったのですが、先日書店でこの方が書いた「中国がなくても、日本経済はまったく心配ない」という本が平積みにされていて、興味を持ったので図書館で予約して借りてみました。



まず感想ですが、なかなか面白かったです。

些細なツッコミは入れようと思えばいくらでも入れられそうではありますが、基本的な論点は極めて明確、かつ納得的です。

すなわち、要約すると、
・現在の日本には成長こそが全ての解。
・そのためにはデフレギャップを埋めるための政府による需要創出が必要。

そして、
・マスコミや「あの連中」により不当に貶められている日本は、ものすごい力を秘めた国であり、舵取りの仕方さえうまくやれば(グランドデザインさえしっかりできれば)、繁栄できる
ということになります。

管理人は政治的な意味ではほぼノンポリだと思いますが、日本がもっといい国になって欲しい、と思っています。

そういう意味では、日本中に蔓延する悲観論は幻想だということを理路整然と説明してくれるくだりは読んでいて非常に楽しかったです。
日本という国に、もっと自信を持っていいと思います。

マスコミによる情報操作など、今となってはインターネットの世界では当たり前と思われている感もありますが(マスコミの報道はほとんど全てと言っていいくらい、何かしらの主観、恣意的なものが加わってしまう、ということです)、偏向報道よりよっぽど厳しい情報統制がされていて言論の自由がない国も世界を見れば存在するわけですから、世界全体で見れば、正しい情報をもっている人というのは少ないのかもしれません。

というわけで、なかなかためになりましたので、気になった点をメモしておきたいと思います。
(一部、本文からそのまま引用したものもあります)

・「希望を語る」「夢を実現する」という基本的なことすら、政治家が誰もやらなくなってしまった。政治家やマスコミが語らないのであれば、我々国民自らが語るしかない
・現在の日本社会が閉塞感に満ち、人々の気分が滅入りがちなのは、悲観主義に捉われ、物事を成り行きに任せているため。
・「知識人階級」が悲観的なことを叫んでいればインテリに見えるという勘違いをしているので、マスコミなどで日本破綻論や日本悲観論があふれているが、日本は素晴らしい力を秘めている。
・先進国の中でも最も犯罪率が低く、経済的に豊かで、製品やサービスの品質が極端に高く、自然に恵まれ、多様な文化が花開いている日本に住みながら、自国の悪口ばかり繰り返している「あの連中」ほどひどい人種は、他に類型を見ない。

・「日本は少子高齢化で人口が減っていくから成長しない」はツッコミどころ満載
・人口が減るから経済成長しない、は間違い。
・資源国は輸出できるから成長するが、日本は資源を輸出できないから成長できない、は間違い。
・中国のように不動産バブルを起こし、自然を破壊しまくっても経済成長は達成される。
・日本ほど公共投資を削っている国は他にない。
・必要なインフラ投資等で需要不足を補うべきである。

・「日本は財政破綻する」とか「国民一人あたりの借金が…」とか言っている人は、B/Sが読めない、すなわち、自分は素人だ、と言っているようなもの
・当然ながら、国の借金は家計の資産(もしくは企業の資産)。
・日本の対外純資産は約250兆円。
・デフォルト(債務不履行)を起こした国の債務は例外なく外貨建て。日本政府の対外債務はほぼ100%円建てであり、デフォルトの可能性はほとんどない(紙幣を刷ればいい)。
・「ハイパーインフレ」(年間インフレ率13,000%)を実現するためには、1京円(10,000,000,000,000,000円、国民1人あたり1億円以上)の紙幣を新たに刷る必要がある。
・インフレになれば、政府債務の相対的な割合は下がる。
・政府の負債とGDPを比較しても何の意味もない。負債がGDPより少なくてもデフォルトするときはデフォルトする。
・「国債発行は国の借金のツケを、将来世代に押し付ける行為だ」は成り立たない。将来世代は国債が満期になったら償還により恩恵を受ける。

・成長こそが全ての解
・日本経済の問題はデフレギャップ拡大に起因した低成長→需要を増やすのが解決策。
・「ムダの削減」だけでは財政健全化は不可能。シュリンクするだけ。
・日本の輸出依存度は、実は他国と比べても低い。輸出拡大より、内需拡大。
・ドイツの高速道路は60km以上で走れるものが単位面積あたり日本の2.3倍、100km以上で走れるものは5倍存在している。道路の作りすぎという批判は短絡的。

・日本のグランドデザインを描くべき
・アメリカの石油文明の次は、日本の電力文明、発電の燃料は海水から採取するウラン、メタンハイドレート。
・日本の都市文明は世界的に見ても極めて高度に発達している。
・高齢者は車社会では生きていけない。
・高齢者を都市に移住させることで、高齢者が自立した暮らしを送ることが可能になる。
・人口の都市集中を進めるべき。
・リニア新幹線の活用で、人口1億人を鉄道2時間以内で結ぶ。建設費8兆円は国家が負担するのにふさわしい事業。
・ガソリン自動車は、全て電気自動車に置き換える。

・「日本は世界最大の食糧輸入大国で、海外からの農産物輸入が止まれば、みんな飢え死にしてしまう」は大嘘
・日本は世界5位の農業大国(生産額ベース)。
・日本の食糧輸入は対GDPで1%未満、中国と比べても低い。
・農水省が、(農水省の予算を増やすために)日本でしか使われていない「カロリーベース自給率」なる奇妙な指標を発明し、日本は農業貧国だということにした。
・比較となる他国の「カロリーベース自給率」は他国が発表していないので(というか計算していないので)わざわざ予算を使って「推計」している。
・「カロリーベース自給率」の場合、国産の鶏でも、えさが輸入されたものの場合は国産とみなさない。
・鶏卵は96%が日本で生産されているが、「カロリーベース自給率」はわずか9%。
・「カロリーベース自給率」では、分母には廃棄された食品も含む、恣意的に自給率を低く見せるための指標。
・農業の高齢化の問題は、大多数を占める兼業農家の人が引退しているだけ。

・日本は世界唯一の大衆知識社会
・レーニンがソ連で数々の「伝統を壊す社会実験」を行ったが、その中で、女性の社会進出を進めるために、女性を家事や育児から解放し、子供を国家が育てる、という「家族解体政策」を行った。これにより、家族が崩壊した。
・大事なのは、「選択」権。女性の社会進出を「強制」してはならない。
・景気がよくなると出生率が上がる。すなわち、究極の少子化対策とは、経済成長なのである。
・日本のマスコミがもてはやす国は、階級社会。特にヨーロッパの国々や中国は、厳しい階級社会。
・欧米諸国では、エリートと大衆では受け取る情報が異なる。例えば、フランスの一流新聞、ルモンドの発行部数はわずか35万部、アメリカのニューヨークタイムズでも103万部。日本では、読売新聞が1,100万部。すなわち、日本には、「エリート」がいない。
・日本国民の知識水準は高い。
・世界のブログ投稿に使用される言語において、日本語は常に英語とトップ争いを演じている。Twitterでの使用言語としても2位。
・ポケモンの「子供が主人公」は欧米のキリスト教的価値基準から言えば異様。子供はしつけがなっていないため、まだ人間ではない。当然、人間が行く高級レストランに連れて行くことはできない、というのが欧米的発想。さらに言えば、「少年とモンスター」のコンビはキリスト教的価値観から言えばとんでもない設定。人間は他の動物よりも上位だから。

(ジョージ滝川)

日本のグランドデザイン
★★★★

星の基準
★★★★★ 手元に置いて何度も読み返したい名著 買って配りたい
★★★★ また読みたい、いい本。他人に勧めたい
★★★ よい本だった。また読むかは微妙。
★★ 読む価値のある部分もあるが…。また読むことはなさそう。
★ 時間の無駄だった。
posted by ポール滝川 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

予知夢

先日の探偵探偵ガリレオに続けて、東野圭吾です。
というか、探偵ガリレオと同時に買いました。



どうも、探偵ガリレオと、この予知夢、二冊で一つのドラマの原作になっているようです。

内容は、探偵ガリレオと同様に物理学の湯川助教授が友人の草薙刑事を助けて難事件を解決していく、という短編が5本収められています。

偉そうなことを言って恐縮ですが、探偵ガリレオと比べると、文章がさらにこなれて、あっという間に読了してしまいました。
今回も、そう来たか、というトリックが仕込まれていて、楽しませてもらいました。

また他の東野圭吾作品も読んで紹介してみたいですね。

(ジョージ滝川)

予知夢
★★★

星の基準
★★★★★ 手元に置いて何度も読み返したい名著 買って配りたい
★★★★ また読みたい、いい本。他人に勧めたい
★★★ よい本だった。また読むかは微妙。
★★ 読む価値のある部分もあるが…。また読むことはなさそう。
★ 時間の無駄だった。
posted by ポール滝川 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

探偵ガリレオ

東野圭吾の探偵ガリレオです。



東野圭吾といえば今日本で最も人気のある作家の一人だと思いますが、実は東野圭吾の作品を読んだのは初めてでした。

そもそものきっかけは、正月にテレビで放送していた「容疑者Xの献身」が面白かったからです。

・容疑者Xの献身 - Wikipedia

もともと「ガリレオ」というドラマから派生した映画だということは知っていたのですが、ドラマも見たことがないのでドラマの原作を読んでみよう、と思い立ったわけです。

・ガリレオ (テレビドラマ) - Wikipedia

ということで本の中身です。

捜査一課の草薙刑事が、常識では解決できない不思議な事件について友人の物理学助教授、湯川に相談し、この湯川助教授が物理学の観点から事件の謎を解明していく、という形式の短編が5本、収められています。
どれも面白かったです。

少しひねり過ぎな感もありましたが、これでもかとばかりに裏をかいてくるストーリーは、よく思いつくなぁと感心しました。
安直ですが、管理人もナイスなトリックを考えて、推理小説で作家デビューしたいと思います(笑)。
目指せ直木賞!

(ジョージ滝川)

探偵ガリレオ
★★★

星の基準
★★★★★ 手元に置いて何度も読み返したい名著 買って配りたい
★★★★ また読みたい、いい本。他人に勧めたい
★★★ よい本だった。また読むかは微妙。
★★ 読む価値のある部分もあるが…。また読むことはなさそう。
★ 時間の無駄だった。
posted by ポール滝川 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

ザ・シークレット

ごぶさたしてしまいました、ポール滝川です。

完全に回転休業状態だった「ブックスたきがわ」ですが、弟のジョージが読書感想文を書いてくれましたので(笑)、再び営業を開始したいと思います。

というわけで、「ザ・シークレット」です。
少し前にとてもヒットした本ですね。



一言で言うと、「引き寄せの法則について書かれている本」ということになるでしょうか。
「思考は現実化する」、ということもできるかもしれません。

こういったことを言うと、いわゆる「オカルト」だと感じる方もいらっしゃるとは思いますが、この「引き寄せの法則」については、本当に世界中のあらゆるところで、表現を変えながら繰り返し繰り返し語られていることです。
したがって、これは普遍的な真実、と言ってしまっていいと思います。

ちなみに、私はもともと、世の中には現在の科学では証明できないものが存在している、と考えていますので、この「引き寄せの法則」についてもその存在を確信しています。

平たく言ってしまえば、思ったことはその通りになる、信じる者は救われる、ということなのですが、特に興味深いのは、悪いものでさえ、意識を集中すると引き寄せてしまう、という点です。

つまり、失敗したら嫌だな、と思っていると、失敗を引き寄せてしまい、本当に失敗する、ということになります。
これは、ちょっと違うかもしれませんが、バカは相手にするな(バカのことばかり考えて自分もバカになるから)、ということにもつながるような気もします。
実際、ネガティブな気分になっても何もいいことはないと思いますので。

また、言葉を変えれば、後ろ向きなことを考えるのではなく、自分の人生が思い通りに進んで行くようなイメージを持つこと、もっと平たく言えば、「夢」あるいは「目標」といったものを持つことが非常に大事だ、ということになるかと思います。

と、考えてみれば、今年の目標をまだまじめに考えていませんでした。
超今更ではありますが、これを機にしっかりしたものを決めたいと思います(笑)。

というわけで、この「ザ・シークレット」、「引き寄せの法則」を学ぶためには、なかなかよい本だと思います。

(ジョージ滝川)

ザ・シークレット
★★★

星の基準
★★★★★ 手元に置いて何度も読み返したい名著 買って配りたい
★★★★ また読みたい、いい本。他人に勧めたい
★★★ よい本だった。また読むかは微妙。
★★ 読む価値のある部分もあるが…。また読むことはなさそう。
★ 時間の無駄だった。
posted by ポール滝川 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

SEO完全計画

こんばんは、ポール滝川です。

ホームページやブログを持っている人であれば、普通はできるだけたくさんの人に見てもらいたいと思うはずです。

この本は、どうしたらホームページやブログへのアクセスを増やすことができるか、という考え方を丁寧に説明しています。この手の本は結構たくさんありますが、この本は非常に正攻法で分かりやすく書かれていてオススメです。あっと驚くような派手なテクニックは書かれていませんが、結果的には地味に有用な内容を作っていくしかないというのは真理だと思います。

ちなみにSEOとはSearch Engine Optimizationの略で、日本語で言うと検索エンジン最適化、となります。この本では、SEOに限らず、一般的にアクセスを増やすための考え方やテクニックが扱われています。

初心者はもちろん、上級者の方にも原点に戻るという意味でオススメです。



posted by ポール滝川 at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Web制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

4大マイレージ徹底比較!

こんばんは、ポール滝川です。

今回紹介するのは「4大マイレージ徹底比較!」です。最近マイレージというのが流行っているらしく、要はポイントを貯めるとタダで飛行機に乗れる、っていうそういうことなのですが、ではどのようにしたらいいか、というのが分かりやすく書いてあるのがこの本です。初心者にも分かりやすく、また各地域別に書かれている必要マイル数の条件などのデータは役に立つような気がします(実際に役に立てて旅行に行ったわけではないので、気がします、ということで…)。



posted by ポール滝川 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。